HOME

QLOOKアクセス解析

中国で銀行口座開設

中国に長期滞在するなら中国で銀行口座を開設してキャッシュカードを持っていると買い物とかの時に何かと便利です。中国で銀行口座を開設したい人の為にちょっと解説!

上海の中国銀行

2006/12/25に外灘(外滩)の中国銀行上海市分行で口座開設をしてみました。まずは案内の係員に「请问一下,我要开户(ちょっとお聞きしたいのですが、口座を開設したいのですが)」と思いつく中国語を言いながら「开户申请」(口座開設申請)と書いた紙を見せたら、「你有身份证吗?(身分証はお持ちですか?)」と聞かれ「护照,可以吗?(パスポートでよろしいですか?)」と答えると「可以(いいですよ)」とすぐに申込書をくれた。受付番号が印刷されたレシートも受け取り、次の説明を聞いたがよく理解できず「20番窓口」みたいな事しか分からなかった。とりあえず言われた窓口を探すが入金窓口に20番窓口は無い、ちょっと周りを確認すると後ろに自分の受付番号が表示された窓口があった。この窓口のようだ。レシートをみせて申込書とパスポートを提出。6桁の暗証番号を設定したり書類に署名、10元を預金した。なぜか口座開設に10元の手数料を取られた。中国の銀行だから仕方ないのだろうか?

ここで分かったこと
・住所はいい加減でOK!自分は宿泊していないけど浦江飯店の住所で申請。日本の住所では申請不可。

口座開設手順
・「中国银行个人结算账户户/借记卡业务登记表」と書かれた書類に必要事項記入
*記入項目は以下の通り
姓名・・・名前(簡体字)
性别・・・男or女を記入
国籍・・・日本を記入
证件类型・・・パスポートなら「护照」と記入
证件号码・・・パスポートならパスポート番号を記入
联系电话・・・滞在先の電話番号。ホテルの電話番号で問題なし
手机・・・携帯電話の電話番号。記入しなくても問題なし
住址・・・滞在先の住所を記入
邮政编码・・・滞在先の郵便番号を記入
申请人签字・・・2箇所に署名を記入
领卡人签字・・・署名を記入

*チェックを記入する項目
新开借记卡・・・新規口座開設。カードと通帳の作成
电话银行・・・テレホンバンキング
网上银行・・・ネットバンキング

記入したら窓口で手続きをします。通帳とキャッシュカードの暗証番号をそれぞれ2回の計4回テンキーで入力します。暗証番号は6桁で通帳とキャッシュカードの両方が同じ番号でも大丈夫です

関連旅行記
追加事項
口座を開設するときは普通預金(活期一本通)と定期預金(定期一本通)の両方を同時に開設するようにしましょう。でないと、普通預金の口座だけ開設されてネットバンキングで定期預金ができません。自分は上海を離れてからこの事に気付いて2ヶ月間定期預金ができずに上海に戻ってからようやく定期預金の口座を開設できました。口座開設時には「活期50元、定期 三个月 100元」(普通預金50元、3ヶ月定期100元)とでも書いた紙を窓口に出せば普通と定期の両方を開設してくれます。

北京の中国銀行


2009/4/2、4/3に中国銀行北京市分行で口座開設をしてみました。
必要書類
パスポート

記入書類
中国银行股份有限公司个人开户/综合服务申请书
*記入項目は以下の通り
中文姓名・・・名前(簡体字)
英文姓名・・・ローマ字表記(パスポートと同じ)
性別・・・男or女を記入
国籍・・・日本を記入
证件类型・・・パスポートなら「外国公民所持护照」に印
证件号码・・・パスポートならパスポート番号を記入
发证机关・・・「日本」と記入
证件到期日・・・パスポートなら有効期限を記入
联系电话・・・滞在先の住所
邮政编码・・・郵便番号
住宅电话・・ホテルの電話番号で問題なし
手机・・・携帯電話の電話番号。ホテルの電話番号を記入してあれば記入しなくても問題なし
单位电话・・・職場の電話番号だがホテルの電話番号や携帯電話の電話番号とか記入してあれば記入しなくても問題なし
职业・・・職業は「公司职员」とか記入しておくのが無難
出生日期・・・誕生日を記入
储蓄业务填写・・・「活期一本通」と「支取方式」の「凭密码支取」、「自动转存」の「是」に印
借记卡及相关服务填写・・・「借记卡」「电话银行」「网上银行」「动态口令E-Token(申请+绑定)」に印
申请人填写・・・日付と署名を記入

中国银行股份有限公司个人开户申请书
*記入項目は以下の通り
中文姓名・・・名前(簡体字)
英文姓名・・・ローマ字表記(パスポートと同じ)
性別・・・男or女を記入
国籍・・・日本を記入
证件类型・・・パスポートなら「外国公民所持护照」に印
证件号码・・・パスポートならパスポート番号を記入
发证机关・・・「日本」と記入
证件到期日・・・パスポートなら有効期限を記入
联系电话・・・滞在先の住所
邮政编码・・・郵便番号
住宅电话・・ホテルの電話番号で問題なし
手机・・・携帯電話の電話番号。ホテルの電話番号を記入してあれば記入しなくても問題なし
单位电话・・・職場の電話番号だがホテルの電話番号や携帯電話の電話番号とか記入してあれば記入しなくても問題なし
职业・・・職業は「公司职员」とか記入しておくのが無難
E-mail・・・とりあえずスパムメールが来ても大丈夫なメアドを記入
出生日期・・・誕生日を記入
种类・・・「定期一本通」に印
申请人(签章)・・・日付と署名を記入
これは他省とかの口座から外貨預金を引き出すための申請書だが、はっきり言って意味無し!使えない!時間の無駄!この中に仮パスワードがある中に仮パスワードが印字されている
↑の「中国銀行北京分行储蓄存款异地托收同城转户临时收据」は他省の口座の外貨預金を引き出す際の書類。これは口座開設には関係ないのだが北京で口座開設をして上海の口座にある香港ドルを北京に移そうと考えたのだが銀行員によって「出来ない」「1ヶ月かかる」とか舐めた返答。中国銀行同士でも省を跨いだりすると別銀行扱いなので使えない。さすが中国品質!話は本題に戻るが「中国银行股份有限公司个人开户/综合服务申请书」と「中国银行股份有限公司个人开户申请书」を記入すると「机密函件」が発行される。「机密函件」にはキャッシュカードの仮パスワードが印字されているので窓口のテンキーに仮パスワードを入力した後にパスワードを入力設定する。
これはキャッシュカードの年間維持費10元を徴収したという明細。事実上の口座維持費という事かな?キャッシュカード発行手数料の明細
次に通帳のパスワードを設定して、カードの発行手数料5元と年間維持費10元、口座開設時の最低預金金額10元を払う。これで普通預金口座開設完了。
これは預金金額の明細。最低金額の10元預金した。
因みにインターネットバンキングにも申し込んだのだが上海の口座でインターネットバンキングの契約をしていたので北京ではインターネットバンキングが出来なかった。中国銀行ではインターネットバンキングの口座は1人1口座という事だった。北京では上海のネット口座を新システムに移行出来ないので銀行員に「北京で口座開設して北京でネット口座を開設出来るか」と訊いたら「出来る」という返答だったのだが実際は出来なかった。見事に騙された・・・。さすが中国・・・。
関連旅行記

上海の中国銀行で口座解約


2007/12/14に中国銀行で口座解約をしてみた。窓口で「我想解约帐户(我想解約帳戸)」と書いた紙を行員に見せると「中国银行个人结算账户资料变更/销户通知书」という解約書類を渡され旅券番号、中国での住所(宿泊場所の住所)などを記入して提出する。問題が無ければ通帳の暗証番号を入力などをして預金の払い戻し、はさみで切られた通帳、書類の控えを受け取り解約手続き完了である。

上海の中国工商銀行

2006/12/26に口座開設する。中国銀行と同じく外灘に分行があります。案内で聞いて書類に記入をして窓口ですぐに口座開設できます。

口座開設手順90
・「开立个人银行结算账户申请书」に必要事項を記入
記入項目は以下の通り
姓名(中文)・・・簡体字で記入
姓名(英文或拼音)・・・ローマ字で記入
身份证件名称・・・パスポートなら「护照」と記入
证件号码・・・パスポートならパスポート番号
通讯地址・・・日本の住所でもOK
联系电话・・・日本の電話番号でもOK。国番号は忘れずに!
邮政编码・・・郵便番号を記入
乙方(开户申请人)签名・・・署名を記入

窓口で暗証番号をテンキーで入力して通帳を受け取って終了。カードは別申請のようだ。

北京の中国工商銀行


2009/4/3に中国工商銀行東四支行で銀行口座を開設してみた。ここでは普通預金、定期預金の口座開設、キャッシュカードの発行、インターネットバンキングにも申し込む。中国語が分からない場合は紙に「开户」(銀行口座開設)「活期100元」(普通預金100元)「定期一年100元」(定期預金1年100元)「网上银行」(インターネットバンキング)「借记卡」(キャッシュカード)と書いておけば銀行員との意思疎通が楽だろう。
必要書類
パスポート

記入書類
电子银行个人客户注册申请表
*記入項目は以下の通り
姓名・・・名前(簡体字)
证件类型・・・「护照」もしくは「Passport」と記入
发证机关所在地・・・「日本」と記入
证件有効期・・・パスポートなら有効期限を記入
证件号码・・・パスポートならパスポート番号を記入
固定电话・・ホテルの電話番号とか
移动电话・・・携帯電話の電話番号
电子邮箱・・・E-mail
通信地址・・・住所
邮编・・・郵便番号
签名・・・署名
*実際は記入しなくても大丈夫な項目もあったりする。

牡丹灵通卡/活期一本通存折/个人银行结算账户/电子银行开户(注册)申请书
*記入項目は以下の通り
姓名・・・名前(簡体字)
姓名(英文或拼音)・・・ローマ字表記(パスポートと同じ)
发证机关所在地・・・「日本」と記入
证件种类1・・・「护照」もしくは「Passport」と記入
证件编码1・・・パスポートならパスポート番号を記入
住址・・・滞在先の住所。ホテルの住所で問題なし。
邮政编码・・・郵便番号
联系电话・・・ホテルの電話番号を記入
帐户类型・・・「牡丹灵通卡・e时代」に印

口座開設は30分ぐらいで完了する。キャッシュカードやネット口座の暗証番号を設定して、キャッシュカードの年間維持費(e时代卡年费)10元、キャッシュカード発行手数料(e时代卡工本费)5元を支払って預金をするだけである。↑の様な申込書の控えも貰える。

↑がキャッシュカードとネット口座にログインする際に必要な乱数表カード。
関連旅行記

中国工商銀行のネットバンキングで両替が出来ない


2011/2/13に北京で110000円を預金したが、帰国後に中国工商銀行のネットバンキングで日本円→人民元への両替を試したが出来なかった。原因を調べてみると外国人の口座はネットバンキングで両替ができなくなっているようだ。中国工商銀行のHPにも「凡持工行多币种账户,并已开通网上银行的境内个人均可通过网银办理小额购汇业务」とかいうそれらしい説明が・・・。窓口で両替するかしかなさそうだ。

上海の招商銀行

2006/12/26に外灘に分行があるので口座開設をする。ここはカードだけの発行だけで通帳や申請用紙の控えは貰えず。日本の住所でも申請可能だったが日本の郵便番号が7桁で中国が6桁なので窓口の人は少し困って周りと相談していた。

番外編:香港

中國銀行

HSBCやシティバンクの香港での口座開設を紹介している所が多いようなので違う所を紹介。香港にある中国銀行の現地法人。パスポートと国際運転免許証があれば口座開設できます。本土では旅行者でもパスポートだけで口座開設できるのですが、香港では日本の住所が確認できる公的書類が必要なので国際運転免許証が必要です。英語か広東語ができれば手続きは簡単そうですが、日本語だけだと筆談でも相当意思の疎通が難しそうです。自分は窓口の人と筆談とお互いに間違った発音の中国語の組み合わせて何とかやりました。インターネットバンキングが必要か聞かれたら迷わず申し込もう。聞かれなくても申し込んどいたほうが良い。手続きが終わると通帳とインターネットバンキングのパスワードなどの書類を貰いますが、キャッシュカードがありませんでした。本土と違い別申請のようです。一緒に申請しておくべきだった。預金をせずに口座開設だけしましたが口座開設の翌月から月の平均預金額が5000香港ドル以上なら口座維持費は無料ですが、そうでない場合は毎月60香港ドルを口座維持費に徴収されます。2007/1/8に中国銀行にて口座開設してみました。

口座解約をしてみる

2007/7/3に香港で中国の訪問ビザ取得のついでに口座解約をしてみました。口座開設をした中國銀行の支店に出向き窓口で通帳とパスポート、国際運転免許証を提出して「我想解約帳戸」と書いた紙を行員に見せるとすぐに手続きを開始してくれました。身分証確認はパスポートは確認していましたが国際運転免許証は中身を確認されなかったので解約はパスポートのみで大丈夫です。書類に署名をして約10分で解約完了です。

口座開設時に覚えておきたい用語

覚えておきたい単語
日本語 中国語
(簡体字)
解説
分行 分行 中国の銀行の店舗網はだいたい总行・分行・支行・分理处の4種類に分かれている。总行は本店を意味しており、分行・支行は支店を意味していますが分行は省や市の一番大きな支店で、支行は日本の銀行の支店と同じような意味合いになります。
分行 支行
借記卡 借记卡 借記卡は日本のキャッシュカードとは少し違っていて、正確にはデビットカードに相当します。中国のキャッシュカードにはほぼ100%「银联」のロゴが付いているのでデビットカードとして利用できます。国外対応の借記卡ならビックカメラとかで利用できたりします。

にほんブログ村 旅行ブログ 中国旅行(チャイナ)へ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】
2014年04月19日 21:00:26