四川省カンゼ・チベット族自治州 康定(ダルツェンド)・巴塘(バタン)

四川省旅行記2016春

康定行きチケット購入

08:30頃、新南門車站で今日の康定(ダルツェンド)行きのチケットを購入する。

窓口は混んでいるので誰もいない自動券売機へ。

康定行きのチケット残数を確認する。

バスを選択して携帯の電話番号を入力して支払い方法は支付宝を選択する。

券売機は現金非対応なので画面に表示されたQRコードをスマホで読み込んで支付宝で支払う。日本でいえばおサイフケータイに近い感じかな?

今回は10:00発、運賃149元、距離444kmになるが、直線距離では約210kmなのでかなり大回りして走るようだ。ユースホステルへ戻り荷物まとめて出発準備を整えて、09:40頃、成都熊猫夫人青年旅舍をチェックアウトして隣のバスターミナルへ。

成都→康定

チケットとバスを確認して乗車する。

定刻通り10:00にバスが発車する。今日から再びいつも通りの一人旅になる。

成都を出るとバスは高速道路を南西へと爆走し、2時間も走ると風景は都会から山へと変わる。

13:45頃、石棉の料金所で高速を降りて石棉県から省道211を北西へと峡谷に沿って走る。康定までは直線距離でまだ約100kmある。

14:20頃、昼休憩で停車。

休憩場所は工場跡を改造して食堂や売店が営業している。14:45頃、康定へ向けて出発する。省道211から国道318へ入り康定へバスが走る。

18:05頃、バスターミナルの康定汽車站に到着、天気は小雨だ。成都から標高約2400mの康定まで約8時間の道のりであった。康定市は甘孜チベット族自治州の州都でダルツェンドなどとも呼ばれている。

康定貢嘎国際青年旅舍

バスターミナルから2分ほど歩いて予約しておいたユースホステルの康定貢嘎国際青年旅舍(康定贡嘎国际青年旅舍/KangdingKonkaInternationalYouthHostel)に到着する。

1泊30元(会員料金)の8人ドミトリーに2泊する。既に予約時に一部支払っているので残金を支払う。部屋は2014年に宿泊した時と同じ8人ドミトリーだ。

康定汽車站の運賃時刻表

寝床を確保したので康定汽車站へ向かう。とりあえずバスの運賃時刻表を確認しておく。

康定は早朝にバスの発車が集中しており、どの路線も夕方には明日のチケットはほぼ完売だ。

自分は明後日の巴塘行きチケットを購入する。06:00発車で運賃154元だ。巴塘行きは同時刻に3本のバスが運行されるので人気路線のようだ。

そして、康定汽車站の恐ろしい所は早朝6時に20本ものバスが設定されているところだ。一斉に20台のバスが発車となると乗客の数が凄いことになり自分のバスを探すだけで一苦労だ。

抄手

巴塘行きのバスが確保できたので近くの食堂で抄手(15元/約270円)を食べる。抄手はワンタンに似た食べ物になり、あっさりスープにワンタンみたいな抄手が入っている。

本日の出費
項目 金額 備考
食費 15元
宿泊費 27元
バス 149元 成都→康定
合計 191元

雪が降っていた康定

朝から冷え込みが厳しい。外を見ると山の上には雪が残っている。
昨晩は康定でも雪が降っていたようだ。もう4月下旬になるのに・・・。

観音閣

10:40頃、跑馬山の麓にある観音閣を訪れる。小さなチベット仏教の寺院であるが地元民と観光客が訪れている。

もちろんマニ車もあります。10:50頃、観音閣から南無寺へ向かう。

南無寺

11:10頃、南無寺(ラモ・ ツェリン・ゴンパ)に到着。南無寺は康定の城区から少し外れた場所にあり、康定有数規模のチベット仏教寺院になる。

歴史は古く清の乾隆帝から扁額を賜ったほどの名刹である。

大きい寺なのだがあいにく工事中だ。

本殿には入れず境内歩いて外から見るだけだ。

11:30頃、南無寺を離れすぐ近くの金剛寺(ドルジェ・ダク・ゴンパ)へ行ってみるが、こちらは本格的に工事中だったので外だけ見て終了。

大肉麺

昼食は城区の食堂で大肉麺(13元/約221円)を食べる。スープは醤油系で唐辛子少なめだが山椒、八角が入っており辛さが唐辛子だけのスープとは微妙に違う。具材は小さめの豚の角肉がいくつか入っている。

昼食後は康定の城区を散歩するが雨が降ってきたのでユースホステルへ引き上げる。天気が悪いのでこのまま明日の準備をして早く寝よう。明日は早朝6時出発で標高4000m以上の高地を通るの体調は万全にしておこう。

本日の出費
項目 金額 備考
食費 26元
合計 26元

康定→巴塘

04:50頃、起床して出発の準備を整える。他の部屋でもバスで移動の宿泊客たちは起きて出発準備中だ。老板たちは寝ているのでベッドのシーツや枕カバーを籠に放り込んで勝手に出ていく準備完了。宿の猫だけが既に起きて「ニャー!ニャー!」鳴いて宿泊客を見送っている。

05:30頃、ユースホステルをチェックアウト。徒歩2分ほどでバスターミナルの康定汽車站に到着。既に各地へ向かう乗客たちで大混雑だ。手荷物のX線検査と改札を済まして巴塘行きのバスを探す。

06:00発車のバスは20台あり乗客たちが暗いバスターミナルを右往左往しながら自分のバスを探す。自分は運良くすぐに巴塘行きのバスを見つけ乗車する。今日の康定の日の出は06:34でまだ外は暗い。

06:00になり各地へのバスが発車し始めるが、巴塘行きのバスは動く気配がない。運ちゃんたちが改札を通らずに乗り込んできた乗客からチケットを回収して人数確認をしている。なぜ改札通らず乗車するのだ?

06:10頃、巴塘行きのバスが発車する。外が少し明るくなってきて周囲の状況もわかるようになってきた。ここでイベントが発生。最前列の乗務員席におっちゃんが勝手に座っており、乗務員に自分の席に戻るようにとっちめられる。まあ、このぐらいのイベントなら大したことないな。巴塘までどんなイベントが待ち受けているやら・・・。

康定を出て国道318号の山道を登り標高3000mを越えてくると白銀の世界に変わる。4月下旬でも季節はまだ冬で春の気配がない。07:10頃、標高4100mを越えてきた。ここまで来ると立ち往生しているトラックが出始める。どうやらスリップして登れなくなっているようだ。そして、タイヤチェーンの装着でバスが停車する。道路が凍結してこの先は登れないようだ。07:23頃、バスが凍結道路を登り始める。

07:28頃、標高約4300mのチョルテンがある峠を越えるが渋滞で停車する。

どうやら交通規制のようだ。この間に外で雪景色を撮影するが寒い。四川省とはいえ富士山より高い標高4200mぐらいだと冬の北海道だ。

待っている間に乗客たちは外に出て時間をつぶす。08:15頃、交通規制が解除される。そして、玉樹→成都のバスとすれ違う。青海省玉樹からのバスが運行されており、昨日玉樹を出発したのだろう。

更に人民解放軍のトラックともすれ違う。

かなりの台数が車列を作って峠を越えようとしていた。09:00頃、雪がなくなりタイヤチェーンを外して走るが緊急事態発生だ。ウンコしたくなってきた。運ちゃんに「トイレ行きてー!漏れる!」と伝えるともう少し待てとのこと。

09:30頃、新都橋でトイレ休憩になるが有料1元ニーハオトイレは既に列が・・・。幸いすぐに順番が来たので漏らさずに済んだ。ちなみに今回のニーハオトイレは水流れません。穴が開いているだけです。

09:40頃、バスが発車して新都橋から雅江への道を進んでいく。再び山道を登り始めると山肌が雪化粧してきた。標高は3700mを越えて富士山より高くなる。

11:20頃、雅江を過ぎて4kmほどの所の雅江驛站で昼休憩になる。自分はまたウンコしたくなったので有料の1元ニーハオトイレへ。先客たちがケツ丸出しでブリブリやピーピーなど大合唱しながら脱糞中だ。自分もブリブリとウンコしておく。今回のニーハオトイレは水洗式で一定時間ごとに水が流れ全員のウンコを流していく。

とりあえずすっきりしたので外で風に当たる。標高約2800mの高地なので風が心地よく天気は晴れで日差しが強くTシャツでちょうど涼しい感じだ。つい3時間ほど前は雪の積もる真冬の世界だったのだが、すごい変貌ぶりだ。

11:50頃、バスが発車し国道318号を走り次の中継地点の理塘へ向かう。理塘までは直線距離で約70kmだ。この辺りからはチベット自治区ラサを目指す中国人チャリダー軍団を多数追い越していく。

12:30頃、標高約4300m地点を通過する。周囲には雪が残っているが日差しが強いので思ったより気温は高そうだ。12:40頃、巴塘→康定のバスとすれ違う。半分ぐらいの道のりを来たということか?

12:50頃、標高約4380mの峠を越える。峠には石を置いてチベット文字が書かれている。チベット語は分からないので意味は不明だ。13:15頃、再び峠を越える。GPSは4464mを記録していた。

レーダー施設?

13:23頃、ヤバそうな施設の前を通過する。

壁は迷彩色だし、門の所にはバリケードがある。

そして、レーダーらしき物体があるし・・・。やっぱ軍事施設かな?とりあえず見なかったことにしておこう。

13:42頃、ゴンパのある集落を通過する。チャリダー軍団のための宿が多いようで「騎友」の看板が目立つ。

14:00頃、理塘の手前約10km地点の交通警察の検査站に到着。理塘県には入ったようで、あと少しで理塘の町だ。

14:25頃、康定を出発してから約8時間でバスターミナルの理塘県汽車站に到着しトイレ休憩になる。標高約3950mの高地にある理塘だが再開発の波が押し寄せ新しい街が建設中だ。

14:43頃、理塘県汽車站を発車する。再び国道318号を走り草原を西へ進む。

そして、理塘河に沿って西へ走っていく。

16:22頃、雪に覆われた標高約4700mの峠を越える。16:50頃、乗務員が乗客の身分証を回収。仕方ないのでパスポート渡す。この先に公安の検査站があるようだ。

16:57頃、巴塘の入口の措拉派出所に到着。ここで乗務員が乗客の身分証を持って降りる。17:02頃、バスが発車する。乗務員が先に自分のパスポートだけ返却してきた。乗客は身分証の束から自分のを探している。どうやら公安から熱烈歓迎の尋問はなしのようで無事に巴塘に入る。

巴塘

18:05頃、巴塘汽車站に到着。康定から約12時間の道のりであった。そして、巴塘の第一印象は「ハエが多い」である。何で大量のハエがブンブン飛んでいるんだ?

とりあえずバスターミナルのバス情報を確認しておくが、成都と康定行きのバスしかない。他のバスは明日確認してみるか。

老巴塘客桟

バスターミナルを出ると白タクの運ちゃん達が芒康、拉萨への客を集めている。外人には関係ないので予約しておいた宿へ向かう。3分ほど歩いて18:15頃、老巴塘客桟に到着。

eLongで予約しておいたがBooking.comでも予約できる外国人OK宿だ。1泊25元のドミトリーを予約しておいたが2人部屋になった。外人は隔離ということか?

部屋にはテレビ、電気ケトル、Wi-Fiがあるので特に問題なしだ。
共用のトイレ・シャワーはとりあえず許容範囲内。

18:30頃、夕飯を食べに巴塘の街を歩く。チベットとの境界の田舎街になるが宿は多い。チャリダーも見かけるので夏に向けてもっと賑わってくるのだろう。

本日の出費
項目 金額 備考
食費 12元
宿泊費 50元 1泊25元×2
トイレ 2元
合計 64元

巴塘を散歩

08:30頃、巴塘汽車站の通りを南へ歩いていくと巴塘で一番大きい広場に到着。広場には抗戦記念塔と孫文像がある。

チベット色は全く感じられず。大体こういった場所にはチベットの英雄であるケサル大王の像があっても良いのだが・・・。

白タク集結場所

広場から更に南へ行くと新華書店が見えてきた。この新華書店の前が白タクの集結場所になっている。運ちゃんたちに理塘とチベットの芒康への料金を聞いてみると、芒康1人80元、理塘1人60元ということであった。白タクは新華書店の他にバスターミナルにもいるし、何人か客を集めた白タクは街の中を流しながら客を探しているので見つけるのは容易であろう。

康寧寺

09:10頃、康寧寺に到着。康寧寺は巴塘の県城で最も大きいチベット仏教寺院であり、巴塘で最も重要な寺院である。中に入ってみるが本殿の扉が閉まっているのでゴンパの周囲を調査してみる。

ゴンパの外にあるマニ車を回しながら地元民がコルラしている。地元民の信仰が厚いようで熱心にコルラしている。

とりあえず一緒にコルラしながら撮影しておく。

一周終えて再びゴンパへ。寺の内部は敷地は広いのだが本殿はそれほど大きくない。代わりに巴塘康寧寺佛学辨経学院があり本殿と同じくらいの大きさだ。そして、ゴンパの外壁になっている部分は僧侶の宿舎になっているようだ。どうやら康寧寺は僧侶の学校として運営されている様子だ。

今度は本殿の扉が開いているので帽子を取って内部を見物。既に地元民が五体投地しながらお祈りしている。本殿を隅から見ていくとパンチェン・ラマの写真があり、高僧たちの写真があります。

そして、例の写真がやはりありました!ダライ・ラマの大きな写真が2枚飾られていました。こっそりでなく堂々と飾られています。本殿以外でもダライ・ラマの写真が飾られており、4枚までは確認できました。おそらく他の所にも飾られているのでしょう。

帽子を取って寺を見物していると僧侶たちの視線が怪しい。僧侶たちがこちらをガン見です。自分はラルンガル・ゴンパへ行く前に髪切って坊主にしているので、僧侶から見ると坊主なのに観光客というのはかなり怪しいようだ。

10:40頃、康寧寺を離れる。とりあえず、巴塘の見所は康寧寺だけで、あとは理塘へ行くだけになってしまった。宿代は今日の分も払ってしまっているので巴塘の街を歩く。

茶馬古道

康寧寺から新華書店へ歩いていく。この通りは茶馬古道で、昔は茶葉と馬の交易でキャラバン隊が行き交った交易路になる。現在は当時の面影はなく住所表示のプレートで茶馬古道というのが分かる。

新華書店を過ぎて茶馬古道を東へ歩いていくと、10:50頃、関帝廟に到着。

四川省重点文物保護単位になっているが内部は崩壊し廃墟と化していた。

排骨麺

昼頃、バスターミナル近くの食堂で排骨麺(10元/約170円)を食べる。

四川料理の食堂だったのでスープに唐辛子が多めに入って辛い。

食後は康寧寺周辺を散歩。道路標識にはラサ(拉萨)の文字が・・・。チベットへ行きたいが追い返されるだけだからな・・・。

橋の近くにマニ塚があり地元民がコルラしている。日中の巴塘は結構暑くTシャツでちょうど良いくらいだ。でも、地元民の中にはセーター着ている姉ちゃんがいたり厚着の住民が多い。よく汗かかないな。

チョルテン

14:00頃、街の北にあるチョルテンにやってきた。菩提塔と呼ばれ1993年に建立された仏塔だ。看板を見る限り康寧寺が管理しているようだ。

街から離れているが地元民がコルラしている。

14:00頃、巴塘汽車站を訪れる。バスについて確認してみると甘孜行きはなく、成都、康定のバスは確認できた。理塘行きは朝5時半にチケット販売ということであった。成都、康定の余りがあれば販売ということか?バスターミナル前には白タクが集結しており理塘までの料金を確認してみたら1人60元ということであった。まあ、早朝に行ってみればいいか。

県政府近く超市で大理ビールV8(5元/約85円)470ml瓶と青稞酒(6元/約102円)2本を購入。巴塘は四川省だがチベットと雲南省の酒が売られている。物流網はチベット、雲南省とつながっているようだ。

麻婆雲呑

夕飯は近くの食堂で麻婆雲呑(12元/約204円)を食べるが店の中はハエがブンブンでレベルが高い。これはこの店だけではなく他の店でも同じだ。巴塘の衛生局は賄賂をもらうのに忙しくて衛生環境の向上やハエ退治はやってられないようだ。

麻婆雲呑はスープに唐辛子が入ってかなり辛い。雲呑は普通だがスープが普通の雲呑と違うのがポイントだな。

本日の出費
項目 金額 備考
食費 39元
合計 39元

“四川省カンゼ・チベット族自治州 康定(ダルツェンド)・巴塘(バタン)” への 2 件のフィードバック

  1. 楽しく読ませてもらっています。ありがとう。毎回思うのです、旅費は稼げばよいと思いますが、旅をする時間がよく捻出できるなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA