パスポート・ビザ申請・ビザ延長

パスポートやビザについて

ここでは、パスポートについてやビザの申請、延長について解説していきます。実際に試してみた香港でのビザの個人申請や南京でのビザ延長、凱裏でのノービザからのビザ延長など申請した時の様子を簡単に紹介します。ついでにウルムチでのカザフスタンビザ申請も紹介。

パスポート

パスポートが無ければ出国できませんし、航空券の購入すら丁重に断られてしまいます。(旅券番号が必要だから)とにかく最初に外務省パスポートAtoZで情報収集です。すでにパスポートを持っている人は有効期限を確認しましょう。国によって違いますが有効期限が半年くらい無いと入国やビザ発給が拒否されますので注意しましょう。

パスポートの管理はしっかりしましょう

パスポートは海外で唯一の身分証明してくれるものですの必ず携帯しましょう。いつ現地警察の職務質問や検問に遭遇するか分かりません。警察に「パスポート は宿に置いてある」「家族が持っている」「身分証の携帯義務なんて法律知らん」とかの幼稚園児並みの回答は通用しません。旅券不携帯で逮捕されても文句は 言えません。悪いのは旅券不携帯の人です。宿ではセーフティボックスに入れるとか盗難に注意しましょう。

ビザ(査証)

日本と目的地の国が査証免除を結んでいれば良いのですが、こちらの都合よく物事は運びません。だいたい短期間の査証免除が良いところです。査証免除が無ければ査証申請して発給してもらうしか入国方法はありません。どこの国が査証の必要な国かはウィキペディアが参考になるがあくまで参考程度。各国の大使館や観光局のWebサイトを確認するのが確実です。査証発給でお世話になる各国の大使館は外務省の駐日外国公館 Web Pageを参考にしてください。

中国のビザ(査証)を取ろう

当Webサイトは中国での旅行を取り上げているので中国の査証について解説しておきます。15日以内の旅行なら不要です。ビザは2016年10月27日から大使館、領事館での個人申請は受け付けていないので中国ビザ申請サービスセンターで申請、もしくは旅行代理店に依頼することになります。

この中国ビザ申請サービスセンターを通してのビザ申請になりビザ代に申請手数料が上乗せされ大使館、領事館で申請を受け付けていた頃よりビザ代が値上げになりました。
中国ビザ料金表

お得意のボッタクリ商法なのか長期滞在お断りなのかは不明ですが、遠回しに小日本は中国へ来るなということでしょう。

参考:中国大使館における一般旅券の査証および認証の直接申請中止についてのお知らせ

GYC旅行で2年マルチビザを代行申請してみた

*2013/9/1からビザの発給条件が大幅に変更され下記内容は当てになりませんのであしからず

日本国内で中国ビザを取得するならGYC旅行が お勧めです。このGYC旅行は自分が知る限りでは他では扱っていない中国ビザで2年Fビザマルチ(180日滞在)を扱っています。2年間有効で1回につき 180日までの滞在ですが半年もあればベトナムやラオスにも行く事もあるだろうからほとんど問題になりません。で、実際に代行申請してみました。まずは GYC旅行のHPから申請フォームで必要事項を記入・送信をするのですが他のビザ代行業者のHPと比べるとやたらと素人っぽいHPデザインで第一印象は 「本当に大丈夫かよ?」なのですが、申請フォームで必要事項を記入・送信します。次にビザ申請費と送料を振り込んでパスポートと顔写真を送ります。後はビザ手続が終わり返送されるのを待つだけです。

香港でビザの個人申請

2008/3/31に香港の中華人民共和国外交部駐香港特別行政区特派員公署(香 港外交部とか呼ばれている)でLビザ(観光ビザ)の申請をしてみました。当日はよく場所を調べずに香港へ入った為に見事に道に迷い午前中に申請するつもり が午後の申請になってしまった。申請当時は午前申請で午後受取りが可能だったが、午後申請になってしまい翌日午前受取りになってしまった。

おかげで香港で 野宿を体験してビザを取得しました。因みに朝7時から入口には列が出来ていた。

追加情報:2008/5/26に再び香港でビザ申請をしたが前回と違い帰りの航空券と宿の予約証明書が無いと言う理由で不受理になってしまった。北京オリンピックの影響でビザの発給が厳しくなっていた。

参考

中華人民共和國外交部駐香港特別行政區特派員公署

住所:香港灣仔區港灣道26號華潤大廈低座7樓

受付時間:月-金(香港の休日は除く) 0900-1200 1400-1700

必要書類など

パスポート

帰りの航空券

宿の予約証明書

申請表(4.5×3.5㎝の顔写真を貼る、申請表は入口でも貰える)

ビザ申請表

手続日数
通常申請 受理後4営業日後(例:月曜申請、木曜受取)

加急申請 受理後3営業日後(例:月曜申請、水曜受取)

特急申請 受理後24時間以降の2営業日(例:月曜午前申請、火曜午前受取・月曜午後申請、火曜午後受取)

詳しくはこちらを参照

交通手段
・深圳の羅湖口岸から香港へ入境の場合

羅湖からMTRに乗車して尖東で下車。徒歩で尖沙咀のスターフェリー乗り場から湾仔行きのフェリーに乗船する。湾仔のフェリー乗り場からは徒歩10分ほど。

申請費用(単位:香港ドル)
詳しくはこちらを参照

ビザ料金 シングルビザ 150
ダブルビザ 220
半年マルチビザ 400
1-3年マルチビザ 600
追加料金 加急申請 150
特急申請 250

*個人申請はシングルビザとダブルビザは問題なく受理されるそうですがマルチビザは旅行会社を通さないと受理されないようです。

南京でビザ延長をやってみた

Lビザならビザ延長は基本的に1回出来ます。麗江だと2回まで出来るらしいですけど。そこで実際にビザ延長をやってみました。

申請場所 南京市公安局出入境接待大庁 住所 南京市公安局の対面

公安局の住所は南京市洪公祠1号

申請日 2008/4/25 手続日数 5営業日
受取日 2008/5/4 ビザの種類 Lビザ(観光ビザ)
費用 160元 必要書類など パスポート

パスポートの顔写真のページとビザのコピー

宿泊証明書(実際には提出していないし要求されなかった)

申請表(4.5×3.5㎝の顔写真を貼る)

滞在中の滞在費証明(現金、トラベラーズチェック、キャッシュカードなど。1日あたり100米ドルで計算。キャッシュカードはコピーを提出)

延長日数 31日(有効期限を4/30→5/31に延長) 関連旅行記 江蘇省旅行記

↓はLビザの申請、延長についての中文と英語の説明。

1、公安局へ行く
まずは公安局へ行かなければ何も始まりません。ビザの手続は南京市公安局出入境接待大庁で行われており外国人窓口は空いています。但し、人民のパスポート、通行証の手続もここで行われており人民たちの窓口は混雑しています。

2、まずは窓口で申請書を貰う
そして、外国人窓口でビザ延長をしたい事を申し出ると申請書を渡されますがこの時に滞在理由や滞在費があるかなど聞かれますので明確に答えます。まあ、自 分は中山陵園風景区優惠年票と南京市園林景点游園年卡という南京の観光地の年間券を係官に見せて説得した。係官は笑っていたけど。

滞在費について聞かれた ら1日あたり100米ドルで計算なのでキャッシュカードを見せて30日延長は21000元(30万-40万円)あると答えておけばよい。ここで注意してお きたい事は滞在費の証明としてコピーを提出しないといけないので、とりあえず日本の使えないキャッシュカードとか番号の表示されていないカードのコピーが 望ましい。残高についてはさすがに公安がビザ延長で国外の銀行口座まで照会することは考えにくいので当たり障りのない金額で答えればよい。「1兆円ある」 とかの大嘘はつかないように!

3、申請書を記入したら再び窓口へ
申請書に必要事項を記入して写真を貼ったら再び窓口へ行きます。ここで記入漏れがないか確認作業が行われスタンプが押されたら次の窓口(この時は15番窓 口だった)で申請書、パスポート、パスポートとビザのコピー、キャッシュカードのコピーを提出して手続開始です。といっても、係官とちょっと雑談したり、 顔写真の撮影をするぐらいです。後は係官が端末を叩いて「外国人签证/居留许可受理通知书」が発行されます。これで申請が受理されました。この後は支払い 窓口へ行きます。

4、支払い窓口へ
建物内にある中国銀行の窓口に外国人签证/居留许可受理通知书を提出して料金を支払います。支払いが完了すると外国人签证/居留许可受理通知书と領収書が渡 されます。これで申請手続きは完了です。

通常申請なら5営業日後の受取りになりますので、外国人签证/居留许可受理通知书に表示されている日付を確認して 受取りに行きます。

5、ビザの受取りへ
ビザの受取りに再び公安局を訪れたら外国人窓口で外国人签证/居留许可受理通知书と領収書を提出します。問題がなければ受取台帳に署名とパスポート番号を記入してビザが延長されたパスポートを受取りビザ延長完了です。

瀋陽でノービザからビザ申請してみた

オリンピックを控えてビザの発給条件が厳しくなり香港でビザ申請不受理に遭いノービザで遼寧省瀋陽までやって来てしまい瀋陽でビザ申請を試みた。

結果
ノービザ申請はできるのだが滞在費の証明としてキャッシュカードが認められなかったので不受理となってしまった。パンフレットにはキャッシュカードでも可だったのだが変更になっていた。

申請場所 瀋陽市公安局出入境管理處 住所
申請日 2008/6/10 手続日数 受理後5営業日
受取日 ビザの種類 Lビザ(観光ビザ)
費用 160元 必要書類など パスポート

パスポートの顔写真のページと最終入国日のスタンプのコピー

宿泊証明書

申請表(2寸(4.5×3.5㎝)の顔写真を貼る)

滞在中の滞在費証明(現金、トラベラーズチェックなど。1日あたり100米ドルで計算。キャッシュカードは不可。預金証明書なら可。)

延長日数 30日 関連旅行記 遼寧省旅行記

凱裏でノービザからビザ申請をしてみた

瀋陽でビザ申請に失敗したが今回は貴州省凱裏でノービザからビザ申請を試みた。

結果
ノービザからのビザ申請は可能で即日発行である。但し、延長日数が申請日から30日となるので注意が必要。

申請場所 黔東苗族侗族自治州公安局 住所 貴州省凱裏市北京東路45号
申請日 2008/6/26 手続日数 当日発給(0840頃に訪れて1130前に受け取れた)
受取日 2008/6/26 ビザの種類 Lビザ(観光ビザ)
費用 160元 必要書類など パスポート

パスポートの顔写真のページ、最終入国日のスタンプのコピー

宿泊証明書(境外人員登記卡を宿で発行してもらう)

申請表(4×3㎝の顔写真を貼る)

滞在中の滞在費証明(現金、トラベラーズチェック、キャッシュカードなど。1日あたり100米ドルで計算。実際には提出せずに済んだ)

延長日数 30日(申請日から30日の延長となるので注意が必要) 関連旅行記 貴州省旅行記

成都で2回目のビザ延長をしてみた

本当は西安で申請しようと思ったがユースホステルのドミが軒並み満室で急遽成都へ移動して2回目のビザ延長を試みた。

結果
2回目のビザ申請は可能である。30日延長には3000米ドル相当の現金、トラベラーズチェック、預金証明書のいずれかが必要でキャッシュカード、クレジットカードは不可である。

申請場所 成都市公安局出入境接待大庁 住所 四川省成都市順城大街391号
申請日 2008/7/23 手続日数 5営業日
受取日 2008/7/29

(指定された時間に出向く)

ビザの種類 Lビザ(観光ビザ)
費用 160元 必要書類など パスポート

パスポートの顔写真のページ、ビザ、最終入国日のスタンプのコピー

宿泊証明書

申請表(4.5×3.5㎝の顔写真を貼る)

滞在中の滞在費証明(現金、トラベラーズチェック、預金証明書。1日あたり100米ドルで計算。キャッシュカード、クレジットカードは不可)

延長日数 22日(手持ちの金がなかったので半端な日数になってしまった。もちろん、金があれば30日まで延長可能) 関連旅行記 雲南省旅行記(夏)

ハルピンでノービザからビザ申請してみた

はっきり言って中国で最もビザ申請の面倒な場所だろう。ビザ申請に2日もかかった。

1日目
公安は腐っておりビザ申請にハルピン市公安局出入境接待大庁を訪れたら「先に派出所で登記しろっ!」の一言だけで必要書類などについての説明は一切なし。 派出所へ行けば「入国後24時間以内に登記しなければならないのに10日過ぎている。罰金を払わなければならないのでここでは登記できない。南崗分局へ行 け!」と因縁つけられハルピン市公安局南崗分局へ行くが罰金を払うような違反はしておらず外国人住宿登記表をすぐに貰う。

↑の「外国人入境温馨提示卡」を 見れば分かるが派出所の公安は法律を間違って覚えていた。

2日目
ハルピン市公安局出入境接待大庁を再び訪れるが「申請書書いて持って来い」とか言われるが申請書がどういうものか説明が無いので仕方なく聞く。結局申請書 は白紙に手書きで入国日、出国予定日、ビザの種類、ビザの延長日数、署名を書くというものだった。必要事項を記入した書類とパスポートを提出すると書類に スタンプを押して投げ返され次に何をするかの説明一切なし。仕方なく聞くと「2階で金払ってこい」の一言。

で、ビザ申請費は他の都市と違い250元のぼっ たくり料金。申請窓口に戻りパスポートと書類、領収書を提出すると領収書を投げ返されて、そのまま無視される。受取日を聞くと「10日後だ」というなめた 返答だった。250元ぼったくっといて他の省都の倍の日数の10日とは完全にハルピンの公安はやる気無しで腐っている。

結果
ノービザからのビザ申請は可能である。但し、ハルピンの公安は腐っておりやる気無し、態度悪い、不親切、ビザ代が他の省より高くて発給に10日もかかり最悪です。ハルピンでのビザ申請は不快になるのと金と時間の無駄です。

申請場所 ハルピン市公安局出入境接待大庁 住所 黒龍江省ハルピン市道里区経緯頭道6号

(黑龙江省哈尔滨市道里区经纬头道街6号)

申請日 2008/8/26 手続日数 10日
受取日 2008/9/4 ビザの種類 Lビザ(観光ビザ)
費用 250元 必要書類など パスポート

パスポートの顔写真のページ、最終入国日のスタンプのコピー

外国人住宿登記表(派出所などで貰ってくる)

申請表(4.5×3.5㎝の顔写真を貼る)

申請書(白紙に手書きで入国日、出国予定日、ビザの種類、ビザの延長日数、署名を書く)

滞在中の滞在費証明(現金、トラベラーズチェック、キャッシュカード。1日あたり800元で計算。キャッシュカードはコピーを提出)

延長日数 31日 関連旅行記 東北三省旅行記

ハイラルで2回目のビザ延長をしてみた

初めは延長できないような事を言われたが係官の勘違いで電話でお偉いさんに確認を取ってもらって延長できるようになった。まあ、中国ビザがやたらと貼られ、おまけに中国と香港の出入国スタンプだらけなので勘違いしたのだろう。

宿泊場所について質問された時は駅前の招待所に泊まっている事を告げると「境外人員臨時住宿登記表」を渡され宿のスタンプを貰ってくるように言われる。高い賓館に移るように言われるのを覚悟していたがハイラルでは外国人が招待所に宿泊していても大丈夫なようだ。モンゴルとロシアに近いという事もありモンゴル人とロシア人の利用者が多いようだ。

結果
2回目の延長は可能である。但し、申請書に貼る顔写真が公安局で撮影したバーコード付きの顔写真でないといけないのが面倒。顔写真で42元はぼったくりだ。

申請場所 ホロンバイル市公安局出入境接待大庁 住所 内モンゴル自治区ホロンバイル市ハイラル区勝利大街 ホロンバイル市公安局
(内蒙古自治区呼伦贝尔市海拉尔区胜利大街 呼伦贝尔市公安局)
申請日 2008/9/22 手続日数 2営業日
受取日 2008/9/24 ビザの種類 Lビザ(観光ビザ)
費用 ビザ代 160元

写真代 42元

必要書類など パスポート

パスポートの顔写真のページ、ビザ、最終入国日のスタンプのコピー

宿のレシート(收据)

境外人員臨時住宿登記表(境外人员临时住宿登记表)

申請表

滞在中の滞在費証明(現金、トラベラーズチェック、預金証明書、キャッシュカード。1日あたり100米ドルで計算。国際キャッシュカードはATMの明細に残高が表示されていれば預金証明書の代わりに明細の提出でも可)

延長日数 申請日から30日 関連旅行記 東北三省旅行記

ウルムチでカザフスタンビザを申請してみた

ウルムチで虫歯治療の為に予想外の長期滞在となってしまいやる事が無いので全く行く気の無いのにカザフスタンビザを申請にしてみた。

カザフスタンビザはカザフスタン国鉄の事務所で申請することになる。カザフスタン国鉄の事務所は0900から業務開始なのだが既に通りには人民(少数民族が主体)が集結しており初めて訪れる人でも一目で分かる。

表示のプレートも表に掲げられています。

そして、 業務開始と同時に警備員が番号を呼び一人一人敷地内へ入っていくが人民は誰も並んでいない。この混乱した中を突破して敷地内へ入るのは非常に難しい。待っ ていてはいつまで経っても入る事は出来ない。そこで、日本人がとるべき行動はパスポートを水戸黄門の印籠のようにかざして人民の海へ飛び込み「菊の御紋」 と「JAPAN」が警備員にしっかり見えるようにして外国人であることを強調する事である。そうすれば、優先的に敷地内に入れてくれる。

敷地内に入ると人 民は建物の外で並んでいるが外国人は関係ないのでそのまま建物に入ればよい。自分は人民と一緒に並んでしまい時間を無駄にしてしまった。建物に入ったら入 口の右側の窓口で申請用紙を貰い記入して提出する。次に入口の左側の窓口で係官との面接がある。係官とは「いつカザフスタンに行くのか?」「カザフスタン のどこに行くのか?」「旅行か?」などのやりとりがある。自分は係官とは中国語で会話した。当然ながらカザフ語、ロシア語、英語でも問題ないだろう。

面接が終わると入口左側の一番奥の窓口で預り証を貰ってビザ申請終了である。ビザは3営業日後の受取りになるがビザ受取りは昼からになっているので要注意である。自分は知らずに行って昼まで時間を潰す羽目になってしまった。ビザの受取りは入口右側の奥の窓口で預り証を提出するとおばちゃんが順番飛ばして呼んでくれて台帳に署名してビザを受取り手続き完了である。ビザ申請費は無料だった。

*ビザ手続きは0900-1300となっているが実際はビザ申請0900-1200、ビザ受取り1200-1300となっているので要注意

申請場所 カザフスタン国鉄の事務所
*正式には「哈萨克斯坦铁路总公司驻乌鲁木齐代表处签证代办点」でカザフスタン国鉄の駐在事務所である。
住所 新疆ウイグル自治区ウルムチ市昆明路216号
申請日 2008/7/10 手続日数 3営業日
受取日 2008/7/14 ビザの種類 観光ビザ
費用 無料 必要書類など パスポート

パスポートの顔写真のページのコピー

申請表(4×3㎝の顔写真を貼るのだが4.5×3.5cmでも大丈夫だった)

交通手段 ウルムチ駅から2、52路のバスで小西沟下車。白樺林国際青年旅舎からはカルフールへ行く途中にある南湖小区から153路で小西沟下車。1本東にある通りが昆明路で南へ歩くと人口密度の高い洋館に辿り着くので、そこがカザフスタン領事館である。 関連旅行記 新疆ウイグル自治区旅行記

ビザ延長の滞在費証明にT/Cを・・・

自分の経験上では中国のビザ延長で一番面倒なのは滞在費を証明しなければならない事です。田舎でビザ延長の場合だと滞在費の確認がなかったりして特に問題 ではないのですが、各省都や大都市だと規則が厳しいようで滞在費を証明しなければならずビザ延長1日につき100米ドル相当の滞在費が必要で30日だと 3000米ドル相当の滞在費が必要なのです。この滞在費の証明は各公安局によって微妙に違うのですが現金、トラベラーズ・チェック、キャッシュカード、ク レジットカード、預金証明書などがあります。ここでキャッシュカード、クレジットカードなら口から出任せで乗り切れるのですが、キャッシュカード、クレ ジットカード不可だと非常に面倒な事になります。それは自分が遼寧省瀋陽でビザ延長を申請した時に滞在費の証明でキャッシュカード、クレジットカード不可 だったのと手持ちの現金が無かった為にビザ延長を断念したという事があります。手持ちの現金が3000米ドル相当あったとしても現金を持ち歩くのは「襲っ てください!」と言っているのと同じで危ないですので、何か安全に3000米ドル相当の滞在費を証明する方法がないか考えてみました。すると以下の方法が 思い浮かんできました。

3000米ドルのT/Cを購入

後日、手元のT/Cを無くした事にする

紛失の届けと再発行の手続きをする

再発行したT/Cは旅先で使って無効になったT/Cをビザ延長で滞在費の証明に使う

これなら、金が無くても無効になったT/Cを窓口で見せてビザ延長手続きをすればよいのです。係官はT/Cが有効なのか無効なのかなんて分かりませんし調 べるなんて面倒な事はしないでしょう。これならわざわざ現金を用意して持ち歩く必要は無く旅費が無くても心配は要りません。まあ、30日延長に3000米 ドル相当が必要なんて事自体がバックパッカーにとっては無茶苦茶な条件ですし、3000米ドルあれば中国を半年ぐらい旅する事ができます。それと、T/C 再発行を応用すれば無効になったT/Cを世界1周とかで某国のイミグレで悪徳係官に荷物検査された時に現金を抜き取られない為に無効になったT/Cを悪徳 係官への罠として仕掛けるというのもできます。

“パスポート・ビザ申請・ビザ延長” への 2 件のフィードバック

  1. 貴兄の詳細な記載に助けられて、本日、ハイラールで、無事ビザを延長できました。お礼申し上げます。
    なお、記事から時間がたっているので、若干の変更点がありましたので、お知らせします。
    まず、フルンボイル市公安局出入境接待大庁は、新区に移転していました。行き方は、街の中心である友誼大夏から、8路のバスで、終点のひとつ手前、市法院下車、97大酒天の右隣(西隣)。執務時間は、月ー金の8:30-11:30 14:30-17:30.
    必要書類は、パスポートと見せ金用の現金だけ。日本円でもOKですが、子どもであっても、一日US100ドル必要です。私は、日本円30万円と、人民元2000元を見せて、25日×二人分、延長してもらいました。パスポートの必要ページのコピーは、受付でやってくれます。また、「境外人員臨時住宿・・・」は、宿のチェックイン時の電子登記がしっかりなされていれば、それで確認できるので、不要とのことでした。この点、しつこく確認したのですが、やはり不要でした。宿は、バス停前の普通の賓館でした。別の係官からは、これ、外国人が泊まれる許可ないところじゃないの?、といわれましたが、そんなことないよ、ちゃんと登記したから確認してみてよ、といったら、やはりOKでした。普通、チェックイン時の登記は代表者一名だけですが、ビザ延長をするなら、全員しっかり登記することが大切です。私は、「二位登記!」と言って、フロントの人と一緒にPC画面見ながら、二人分きっちり登記しました。「まじめだね」と言われましたが。月曜日の夕方16時ごろ申請し、受理書には、五営業日後受け取りと書かれていましたが、ほぼ24時間後の、火曜日16時ごろには、受け取れました。
    費用は、ビザ代160元と写真代30元、合計一人190元でした。
    写真代は、地方政府が勝手に付加している要件かもしれませんが、日本円では大した金額ではないので、お金払ってサッとビザが出るなら、中国では、ありがたいことと思いました。
    改めて、良い記事を書いていただきましたこと、お礼申し上げます。

    1. 記事が陳腐化しており、ビザ延長で翌日発給してくれる所は貴重なので、こういった追加情報を頂けると助かります。
      場所が新区に移転しているというのは大きな変更ですね。
      それだけ街も大きく変わっているということですね。

コメントは受け付けていません。