旅のお金

先立つものが無ければ始まらない

世界中どこを旅するにしてもお金が無ければどうしようもないです。この項ではお金に関する情報に触れていきます。

現金

何はともあれ現金が一番頼りになります。アメリカ、EUなどの先進国なら日本で現地通貨に両替して持って行けば十分です。日本で取り扱いの少ない通貨は為替レートが悪い場合があるので現地両替するのがよさそうです。それ以前に日本で扱っている金融機関を探すのが大変そうですけど。

中国旅行時の現金は?

日本円は中国でも両替できますのでそのまま持って行きましょう。空港や銀座、秋葉原など中国人観光客が集まるところには両替所があって簡単に両替可能ですが、日本での両替はほとんどの所でレートが悪いのでお勧めしません。

現地の空港にある銀行でとりあえず1万円ぐらいは両替しておくのが無難です。あとは必要に応じて中国銀行など大きなところで両替しておけば何とかなります。ただし、手持ちの日本円をすべて両替しないように!帰国後の交通費がなくなってしまいますから。

また、中国国内で円→人民元へ両替を行う際には、両替証明書が発行され、再び中国国内で人民元→円に再両替する際には、その両替証明書が必要となり、円への再両替を行える限度額は、両替証明書に記載されている金額の50%までです。日本に帰国してから人民元→円へ両替する際には、証明書は不要です。それ以前に日本ではレートが悪いので中国で使い切った方が良いです。

保管はどうする

現金で持つ以上、常に盗難の危険と隣り合わせなので管理はしっかりしておきましょう。間違っても日本にいる時と同じようにズボンの後ろポケットに財布を入れる間抜けな行動はしないように!現金は小銭に分けて分散して保管するのが基本です。

クレジットカードやデビットカード

VISAやMASTERなどのクレジットカードやデビットカードは最低1枚は持っていくのがいいですね。中国の田舎でもVISAやMASTERなどのマークが付いたATMがありますので現金の引き出しが簡単です。「カード必要か?銀行で両替すればいいだろ!」という方もいるかもしれませんが、田舎の店舗だと外貨両替をやっていない場合があるのでカードは1枚持っていったほうがいいです。
メリット

  • 手持ちの現金が無いときに助かる
  • ATMから現地通貨を引き出せる
  • 旅行保険が付帯している場合がある
  • 多額の現金を持ち歩かずにすむ

デメリット

  • 盗難、スキミング、不正使用の危険

トラベラーズチェック(T/C)

日本語で言えば「旅行者用小切手」です。銀行で現地通貨に両替できたり、現地通貨のT/Cだと欧米では現金と同様に支払いができたりします。最大の特徴は 何と言っても為替レートが優遇され、紛失したり盗難に遭っても再発行してくれる。

便利そうですけど、はっきり言ってトラベラーズチェックは必要ないです。中国も便利になって田舎の銀行ATMでもVISA、MASTER、JCBのカードで現金が引き出せます。