福建省泉州 中国茶都・安渓鉄観音発祥の地

福建省旅行記2015

深圳北駅へ

06:05頃、ユースホステルをチェックアウトする。まだ夜は明けておらず周囲は街灯の明かりのみで足下に注意しながら歩いていく。中国だとマンホールの蓋が外されたままとか日本では考えられない罠が多数仕掛けられているので要注意だ。あとウンコ地雷もあったりする。犬の糞ではないよ!

06:20頃、地下鉄の僑城東駅に到着。深圳の地下鉄は運行開始時間が遅いので、06:32頃、地下鉄1号線の初電に乗車。運賃5元、06:50頃、会展中心で4号線に乗り換え、07:05頃、深圳北駅で下車する。

今日は広東省を離れて福建省泉州へ移動する。まずは駅の切符売場へ行きネットで購入しておいた泉州行きの切符を受け取るのだが行列が・・・。列に並んで気長に待つが1時間コースだと間に合わないがちょうど隣の窓口が開いてそちらへ移動。前には4人並んでいるのでこれなら間に合うな。

こういった混雑している切符売場で発生するイベントが時間ギリギリでやってくる乗客の割り込みだ。今回はネットで予約したおっちゃんが割り込んできたが窓口の兄ちゃんに券売機で発券するようにと案内されて逆ギレする。券売機は空いているのですぐに発券できるのに何故逆ギレするのだ。窓口の兄ちゃんは親切にすぐ簡単に切符を受け取る方法を教えただけなのに・・・。

07:25頃、切符を受け取り待合室の入口へ移動。切符と身分証確認、手荷物のX線検査を受けて待合室へ。

07:35頃、切符にB13検票口と印字されていたので改札口の先頭を陣取り並ぶ。深圳北駅は高速鉄道駅なので北京南駅のように改札は自動改札機になる。で、いつもの光景だが自動改札機の使い方を研究している乗客たちがいる。そして、3つある自動改札機だが自分の後ろには列ができているが左隣には誰も並んでいない。普段は我先にと並ばない中国人だが、なぜ空いている自動改札機には並ばない?やはり自動改札機の使い方を知らないので先頭を陣取らないのか?まあ誰かが並べば一斉に我先にとなだれ込むだろう。

深圳北→泉州

今回乗車する列車は08:14発、深圳北→泉州のD2344次だ。席は二等座、運賃は171.5元、所要時間4時間34分、泉州には12:48到着予定だ。

深圳北駅の改札は発車15分前からなので、07:59になると同時に改札を1番乗りで通過。他の乗客は駅員が案内しないので5秒くらい遅れて駅員の案内で改札を通り始める。この5秒の差は結構大きく、まだ誰もいないホームを撮影。

列車に乗車して荷物置き場を確保。G列車やD列車の場合は客層がK列車などとは違うので荷物置き場の争奪戦は起こりにくいのでそれほど心配する必要はないのだが念のため。

荷物を置いたら車両の撮影だ。今回の車両はCRH1Eだ。

CRH1Eには寝台車両があり昼間は座席扱いにしている。この編成は上海鉄路局所属になる。

隣にはCRH2Eが停車中だ。08:14に扉が閉まり定刻通り発車と思ったら1分間停車したままで08:15に走り出す。まあ、扉が閉まった時点で発車と定義できるから定刻通りなのだろうが事実上1分遅れだな。

車内に中国語と英語の案内が流れ、電光掲示板には温度や速度が表示されているが途中から電光掲示板は時刻だけの表示になり、自動の中国語と英語の車内放送はなくなり、乗務員による車内放送に変わった。設備に問題が発生したようだ。

電光掲示板に速度が表示されないのでGPSで速度を確認すると速度は200km/hぐらいに留まっている。廈深線は高速鉄道の路線なので250km/hは出せるはずなのだが。

泉州

12:14頃、廈門北駅に到着。12:48頃、定刻通り泉州駅に到着。

泉州駅にはバスターミナルの高鉄汽車站があり泉州近郊へバスで移動できる。

一応バスの時刻表を確認しておく。安渓、南安、惠安、崇武、泉港、永春などの近郊へのバスが出ている。

あと台湾の金門島へのフェリーの時刻表もあったので撮影しておく。泉州の石井鎮からフェリーが出ている。でも、この航路は外人不可なんだよな・・・。

13:10頃、K1路のバスに乗車、泉州の路線バスは全国城市一卡通に加入しているので昆明の公交ICカードが使える。運賃2元、花巷口まで乗車だが泉州の路線バスは下車するバス停の手前でボタンを押さないと停車してくれないので要注意だ。それと乗車するときはバス停で手を上げていないとスルーされる。13:30頃、花巷口で下車する。

泉州巷里国際青年旅舎

バス停から道なりに南に歩き最初の信号を右(西)へ進むと鲤城区人民政府が見えてきた。区政府と左隣のスーパーマーケットの間の路地を進む。

スーパーマーケットには目印のユースホステルのロゴがある。

路地を進んで行く。

13:35頃、予約しておいたユースホステルの泉州巷里国際青年旅舎(泉州巷里国际青年旅舍/U-shore International Youth Hostel)に到着。部屋はドミトリーで1泊30元(会員料金)、予約の残金27元を支払う。

部屋は12人ドミトリーで各ベッドにコンセントと照明、小物を置く台があり使い勝手が良い。部屋は広く人数分のロッカーもある。Wi-Fiは問題なく接続できネットの速度も問題ない。

共同のトイレ・シャワーは少々狭いのと照明が暗い。屋上では洗濯ができ干せるようになっている。

青菜炒飯

夕飯はイスラム食堂で青菜炒飯(8元/約160円)を食べる。

量は少ないだろうと期待していなかったのだが予想外に量が多かった。

鶏蛋炒飯

周辺を散歩しているうちに再び腹が減ってきたので、別のイスラム食堂で鶏蛋炒飯(7元/約140円)を食べる。こちらは皿が小さく量が少なかった。

本日の出費
項目 金額 備考
食費 18元
宿泊費 27元 1泊30元(会員料金)
地下鉄 5元
バス 2元 路線バス
合計 52元

泉州衆山小国際青年旅舎

10:50頃、泉州巷里国際青年旅舎をチェックアウトして泉州衆山小国際青年旅舎へ向かう。15分ほど歩いて源和1916創意産業園(源和1916创意产业园)に到着。源和1916創意産業園の中へ入り11:10頃、泉州衆山小国際青年旅舎(泉州众山小国际青年旅舍/Over The Mountain International Youth Hostel of Quanzhou)に到着する。ネットで予約しており残金31.5元を支払い登記は問題なし。

部屋は6人ドミトリーでトイレ・シャワー付きだ。Wi-Fiは電波良好、速度も問題なし。

トイレとシャワーは別々になっている。

こちらはシャワー。宿泊客は少なく空いており静かだ。

泉州客運中心汽車站

12:45頃、バスターミナルの泉州客運中心汽車站を訪れる。泉州市内の主要バスターミナルになり福建省各地や省外へのバスが多数運行されている。

とりあえず時刻表を確認しておく。

省外へのバスは北京、上海などがあるが遼寧省瀋陽、雲南省昆明など走行距離1500km超えのとんでもない所へのバスもある。

ここでのバスの状況を抑えておけば泉州からの移動は問題無いだろう。

泉州汽車站

13:20頃、泉州汽車站を訪れる。

こちらは古い方のバスターミナルになり路線は少ないが福州、アモイ、広州、深圳、拱北などへのバスが運行されている。

バスターミナルの外にある路線バスの停車場からは台湾金門島へのフェリーターミナルになる南安石井泉金客運碼頭(南安石井泉金客运码头)行きのK207路のバスが運行されている。でも、泉州-金門のフェリーは外人お断りなんだよな。

羊肉刀削麺

昼食はイスラム食堂で羊肉刀削麺(9元/約180円)を食べる。

福建省の地ビール

食後は近くのスーパーマーケットで惠泉ビール595ml(3.2元/約64円)を購入。

福建省の地ビールになり泉州と寧徳で生産されアルコール度数2.9%で低めだ。味は苦味少なく薄い感じ。夕飯は鶏蛋炒飯(7元/約140円)を食べる。日が暮れると泉州の街中はかなり危険だ。交通マナーは広州や深圳よりはるかに劣悪で電動スクーターが車道、歩道関係なく走っている。逆走も普通にしているし無灯火で走っているというかライトが装備されていないのが多数だ。夜は出歩かないほうが良い。

本日の出費
項目 金額 備考
食費 19.2元
宿泊費 31.5元 1泊35元(会員料金)
バス 3元 路線バス
合計 53.7元

泉州→安渓

08:45頃、ユースホステルをチェックアウトする。09:05頃、4路のバスに乗車、運賃1元、泉州汽車站で下車する。

09:20頃、安渓行きのバスチケットを購入して乗車。安渓までの運賃は25元だ。ちなみに2015年に安渓駅停車の列車は廃止されたのだが2007年に列車で移動した時は時間は掛かるが8元であった。バス高い!

泉州から安渓は日帰り観光可能だが、バス代が高いので宿次第では安渓に1泊か2泊した方が安く済むし時間の節約になる。09:30にバスが発車、乗車率は5割ぐらいで空いている。高速を走り10:30頃、安渓汽車総站に到着。

安渓にはバスターミナルが2つあり安渓汽車総站(光徳車站)と茶都客運站がある。安渓汽車総站は新しいバスターミナルで福州、泉州、アモイなど福建省内と省外の各地へのバスが運行されている。茶都客運站は茶葉市場の中国茶都にあるバスターミナルで少し古めだが福州、泉州、アモイなどのバスが運行されている。

まずは予約した賓館へ向かうので路線バスの確認をする。10:50頃、安渓汽車総站から2路のバスに乗車、運賃1元、五交化公司のバス停で下車するはずであったが県政府周辺の再開発で路線変更されていた。とりあえず人民銀行で下車するが県政府で下車しておけばよかった。

鳳城悦客賓館

11:40頃、Qunar.comで予約しておいた鳳城悦客賓館(凤城悦客宾馆)に到着する。1泊108元で2泊する。外国人OK宿になっていたので登記は問題なし。元が全国チェーンの7天酒店だったので設備は7天酒店のままだ。フランチャイズから抜けたのか、別の経営者が居抜きで始めたのかは不明。

部屋は1人部屋でテレビがIPTVになっているのでチャンネルが多い。Wi-Fiも快適でLANコンセントもある。

トイレ・シャワーなど他の設備も7店酒店のままなので問題なし。今まで宿泊した賓館ではかなり設備が良い。

鳳山風景旅游区

12:30頃、安渓の街へ出る。安渓の街中を歩くがバイクタクシーの運ちゃんたちがしつこい。バス停とか人の集まるところには必ずおり客引きをしている。

13:00頃、県城の北にある鳳山風景旅游区に到着。入場料は5元(約100円)で良心的。景区内には城隍廟、東岳寺、茶葉大観園がある。

東岳寺

東岳寺は南宋の紹興32年(1162)に創建される。東岳大帝を祀っており東岳廟になる。

建物は南方特有に建築様式になっており北京などの北方の建築様式とは大きく異なる。屋根には龍などの装飾が施されているのが特徴だ。

神像などは新しいようなので寺自体は新しく再建された感じだ。

安渓城隍廟

東岳寺の隣りにあるのが安渓城隍廟になる。安渓城隍廟は五代十国の後周の顕徳3年(956)に創建。現在の建築物は1990年代に再建された物になる。

多数の神像が安置されており観光客はそこそこおり線香やお供え物を供えている。

全体的には静かなのだが爆竹を鳴らす観光客がおり爆音が響くことがある。

茶葉大観園

東岳寺と安渓城隍廟の裏手にあるのが茶葉大観園になり鉄観音など安渓で栽培されている茶樹が植えられた茶園だ。牌坊を潜ると茶聖・陸羽像がお出迎えだ。

山の斜面に茶樹が植えられ茶園になっている。

中国茶目当ての観光客はここで様々な種類の茶樹が見られるので一見の価値有りだろう。

12月でも茶樹には新芽があったりするので冬茶ができそうだ。14:50頃、鳳山風景旅游区を出る。

中国茶都

15:00頃、婦幼保険院のバス停から3路のバスに乗車。運賃1元、中国茶都へ移動するが間違えて逆方向のバスに乗車してしまい途中で乗り換える。

15:55頃、中国茶都に到着。おそらく中国で最も有名な茶葉市場が安渓の中国茶都であろう。

年末が近づいているので閑散としているかと思ったが予想外に市場には茶葉が並んでいる。

並んでいると言っても小売用でなく大きな袋に入っており卸用といったところか?

安渓の茶農家から市場へ茶葉が持ち込まれているようだ。で、見物していると茶農家のおばちゃんたちに茶葉を売り込まれるが値段出ていないので百戦錬磨のおばちゃんたちにボラれそうなので退散する。

インスタント米線とか

夕飯は県政府近くのスーパーマーケットでインスタント米線とかを買い込んでおく。

地ビールの一麦ビール

あと地ビールの一麦ビール500ml(4元/約80円)も購入。生産地は泉州と寧徳、アルコール度数は3.6%だ。

地酒の汀江紅酒娘

こちらは地酒の汀江紅酒娘250ml(5.2元/約104円)。生産地は龍岩、アルコール度数は10%。客家特産だそうだ。白酒とかとは違いアルコール度数が低いので辛くはない。夜に泉州巷里国際青年旅舎を再び予約しておく。

タオバオでCPUファン注文

それとノートPCのCPUファンが壊れているのでタオバオでCPUファン(20元/約400円)を購入。送料は10元だ。香港滞在中にHPのサポートにチャットで問い合わせたら下記のパーツということだった。
パーツ番号:720235-001
金額:12,500円

HP純正は値段がやたらと高いのでタオバオで探して購入した。中古品だけどね。実際に商品が届くかは後日分かる。届いた商品の中身が違うというのは勘弁してほしいな。

本日の出費
項目 金額 備考
食費 26.5元
宿泊費 216元 1泊108元(Qunar.com)×2
宿泊費 26元 予約金:泉州巷里国際青年旅舎
バス 5元 路線バス
バス 25元 泉州→安渓
鳳山風景旅游区 5元
CPU FAN 30元
合計 333.5元

安渓→西坪

08:30頃、賓館を出て目の前の鳳城鉄索橋を渡り、08:50頃、龍湖山庄のバス停から2路のバスに乗車、運賃1元、09:00頃、終点の安渓汽車総站で下車する。今日は中国茶の中でも割と有名な鉄観音発祥の地と知られる西坪へ向かう。

西坪行きのチケットを購入してバスに乗車する。運賃は9元だ。
バスは久しぶりの田舎仕様のオンボロバスだ。09:10頃、バスが発車する。

西坪

10:00頃、西坪汽車站に到着。バイクタクシーの運ちゃんたちが待ちかまえているが、そのまま素通りして西坪の街中を歩く。街中では各所で製茶が行われており茶葉の香りが漂っている。2007年に鉄観音発源地を訪れているのでおおよその場所は分かっているが道順が思い出せないので道を間違えたりする。

途中で王士認鉄観音生態茶園という標識があり、ようやく鉄観音発源地への道に入る。

茶畑を見ながら上り坂を登って西坪の南東へ向かう。

11:00頃、牌坊が見えてきた。

鉄観音発祥の地

牌坊を通り南岩鉄観音発源地に到着。

鉄観音発祥の地は王説(乾隆賜名)と魏説(観音托夢)の2カ所あり、王説(乾隆賜名)がこの南岩山になる。伝説によれば書生の王士讓がこの地で鉄観音の母樹を発見し、乾隆帝がこの茶を飲み気に入り鉄観音の名を賜ったとされる。もう1カ所は7kmほど離れた松岩村にあり、伝説では茶農家の魏蔭が観音を信仰しており、夢の中で鉄観音の母樹を発見し、実際に夢で見た場所で鉄観音の母樹を発見したという。

松岩村まで道は分かっているのだが、そこまでは歩く気はない。さすがに往復14km歩くのは・・・。今回も南岩鉄観音発源地だけにしておく。

鉄観音発祥の地というだけあって周囲には茶畑が広がっている。

収穫の時期ではないので茶畑には誰も居ない。

見た限りだと収穫は終わっているようで茶葉が刈り取られた跡が目立つ。

一部に新芽が出ており来年の収穫になるのだろう。13:00頃、南岩鉄観音発源地を離れ西坪の街へと向かう。

西坪の街は四方を山に囲まれているというか四方を茶畑に囲まれている。14:00頃、西坪汽車站で安渓行きのバスに乗車する。運賃11元、なぜか安渓行きになると2元高い。途中で客を乗せながら走り満席になる。

15:05頃、茶都客運站に到着。茶都客運站行きだったから2元高かったのか?運賃1元で6路のバスに乗り換えて文廟で下車するが文廟閉まっていた。

市西境関帝廟

代わりに県政府の南西にある関帝廟を訪れてみる。市西境関帝廟は元々は県城の下西街にあり宋代に創建された。県城の再開発により現在の場所に移転された。

建築様式は福建省や台湾で見かける様式で中原で見る関帝廟とは雰囲気が異なる。

福建省の地ビール・雪津ビール

近くのスーパーマーケットで地ビール2本購入する。こちらは雪津ビール330ml(2.5元/約50円)、アルコール度数3.6%、生産地は莆田と漳州になる。

これは惠泉ビール330ml(2.5元/約50円)、アルコール度数3.1%、生産地は泉州だ。

本日の出費
項目 金額 備考
食費 8元
バス 2元 路線バス
バス 9元 安渓→西坪
バス 11元 西坪→安渓
合計 30元

安渓→泉州

09:40頃、鳳城悦客賓館をチェックアウトする。今回の宿は設備に文句なく当たりであった。鳳城鉄索橋を渡り、09:50頃、龍湖山庄のバス停から8路のバスに乗車。運賃1元、終点の安渓汽車総站(光徳車站)へ移動。

10:05頃、自動券売機で泉州行きのチケットを購入。今回は一般道を走る安い方のバスを選択、運賃17元だ。泉州行きは泉州汽車站行きの高速、一般道と泉州駅(高鉄站)行きの3種類がある。

10:30頃、バスに乗車するが一般道での泉州行きはお約束のオンボロ田舎バスだ。10:40頃、バスが発車、乗客は自分を含め5人だけだ。当然だが一般道を走るので途中で客を乗せながらの運行になる。10:55頃、茶都客運站に到着、ここで乗客を乗せて11:05頃に再び出発。12:25頃、泉州汽車站に到着、4路のバスに乗り換えて新門菜市で下車する。

再び泉州巷里国際青年旅舎

13:00頃、泉州巷里国際青年旅舎に到着するというか帰ってきた。今回は年末年始の避難なので1泊30元(会員料金)で7泊する。予約時に21元を支付宝で支払っており、残金189元を支払う。老板はこちらを覚えており「部屋は前回と同じだよ~」ということで同じ12人ドミトリーだ。

蛋炒飯

昼食は府文廟近くの食堂で蛋炒飯(8元/約160円)を食べる。

牛肉砂鍋

夕飯はイスラム食堂で牛肉砂鍋(10元/約200円)を食べる。具材に牛肉、キノコ、青菜、ブロッコリー、湯葉、春雨、キクラゲ、昆布が入った土鍋料理だ。具材が多いので結構美味い!

本日の出費
項目 金額 備考
食費 23元
宿泊費 189元 1泊30元(会員料金)×7
バス 2元 路線バス
バス 17元 安渓→泉州
合計 231元

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA