ロシア国境・黒河

黒河国際公路客運站

06:00頃に起床してバスターミナルへ向かう。今日の天気は朝から快晴、日の出は03:34、日の入りは19:36だ。近くに4路のバス停「華富商場」があるのだがバスは07:00からの運行だ。

黒河国際公路客運站06:50頃、バスターミナルの黒河国際公路客運站に到着。

黒河国際公路客運站運賃時刻表バスの時刻表を確認するが愛輝行きのバスが午後に2本しかない。午前中は早朝06:30に1本あるようだが既に出てしまっている。愛輝行きは明日かな?

黒河国際公路客運站運賃時刻表ほかに方法はないか考えてみて、遜克(逊克)行きのバスが愛輝を通りそうなので、それを捕まえて確認するしかなさそうだ。

黒河国際公路客運站運賃時刻表09:20頃、遜克行きのバスが来たがダメであった。仕方ないので明日早朝の愛輝行きのチケットを購入する。黒河のバスターミナルは営業時間が05:30-16:30で早く始まり早く閉まるの要注意だ。上海などとは少々勝手が違う。

大碗湯麺

大碗湯麺09:30頃、朝食に大碗湯麺(6元/約120円)を食べる。野菜ラーメンと言ったところかな。量は多くあっさり味だ。

黒龍江(アムール川)

黒龍江(アムール川)駅前の鉄路街から郵政路を通り、10:00頃、黒龍江公園に到着。

ブラゴヴェシチェンスク街の中心部近くに黒龍江(アムール川)が流れており対岸にロシアのアムール州の州都であるブラゴヴェシチェンスクが見える。

旅俄華僑紀念館

旅俄華僑紀念館10:30頃、黒龍江公園の近くにある旅俄華僑紀念館を見物する。入場料は無料だがパスポート必須だ。

旅俄華僑紀念館内部は撮影禁止で旅俄華僑紀念館は清朝末期にロシアへ渡った華僑やソ連への留学生たちの歴史資料館である。中ロ友好が全面に押し出された内容で中ソ対立時代の「ソ連修正主義者」みたいなのは一切ない。あるのは中ロ友好の内容である。

黒河博物館11:40頃、黒河博物館を訪れるが改装中で閉館していた。この時間になると北緯50度以北の黒河でも暑い。天気予報によれば今日の最高気温は27度、最低気温は13度、夏日であるが東京よりは涼しいだろう。

大黒河島と黒河口岸

中俄自由貿易城12:10頃、黒龍江の中洲になる大黒河島に到着。島には大黒河国際商貿城と中俄自由貿易城がありロシア製品や中国製品があふれておりロシア人たちが買い物をしている。

大観覧車そして、この大黒河島には遊園地まであり大観覧車がある。大観覧車は街の中心近くの黒龍江公園からも見えるので目印になる。

黒河口岸さらに遊園地の隣にイミグレーションの黒河口岸がありフェリーで対岸のロシア・アムール州の州都ブラゴヴェシチェンスクへ渡れる。イミグレーション内部には売店や両替所があるので特に困ることはないだろう。

フェリーの運賃フェリーの運賃は片道96元、往復138元だ。

フェリー時刻表このフェリーは1日5往復で、08:00、09:00、11:00、13:30、15:00に黒河を出発する。ロシア側ブラゴヴェシチェンスクまでは15分のようだ。日本のパスポートだとロシアのビザが必要なのでビザのない自分は対岸へは渡れない。ビザを持っていればフェリーでロシアへ入国できる。

1路バス12:30頃、中俄自由貿易城の駐車場に1路のバスが停車していたので乗車して大黒河島から黒河市内へ戻る。運賃は1元だ。

1路バス路線図これが1路のバス路線図。路線図を参考にするとケンタッキーフライドチキンのある市中心街は華富商城(华富商城)と郵政局(邮政局)の辺になる。

12:50頃、黒河市内の華富商城(华富商城)で下車する。実は市中心部には地下商業街があり、それほど人口は多くはなさそうなのだが箱物はものすごく整っている。日本なら明らかに過剰投資で廃墟と化すのだが黒河は幸いテナントと客が入っている。

黒河の街バス停の華富商城(华富商城)からKFCまでは徒歩1分ほどで、KFCの東100mほどの所にユースホステルがある。KFC周辺は辺境でも結構賑わっているが、何故かKFCの前には武警の車両が停車している。黒河は武警が警備するほど治安が悪いのか?それとも国境の町だからか?

本日の出費
項目 金額 備考
食費 18.8元
バス 7.7元 黒河→愛輝
バス 1元 路線バス
日用品 3.5元
合計 31元

黒河→愛輝

黒河→愛輝のチケット06:05頃、バスターミナルの黒河国際客運站にやってきた。今日は愛輝まで足を延ばしてみる。バスチケットは混雑を避けて昨日のうちに購入してあるので時間まで待つだけだ。運賃は7.7元で、06:30にバスが出発する。

バス愛輝までは1時間ほどだ。愛崗(爱岗)行きのバスに乗車して愛輝へ向かう。出発時は空席があったが市内で客を乗せて満席になる。

アムール川07:25頃、愛輝に到着する。ほとんど村に近い小さな町の南に璦琿歴史陳列館がある。バスは町の中心部と歴史陳列館の前を通る。この璦琿歴史陳列館を見学すると中国のロシアに対する本心が分かる。歴史陳列館は09:10開館なので近くの黒龍江(アムール川)で対岸のロシアを眺め町を歩いてみる。

人民公社ここは人民公社の跡地のようで、それ以前はロシアとの貿易のために税関が設置されていたようだ。

反ファシスト紀念館反ファシスト紀念館まであります。

璦琿歴史陳列館

璦琿歴史陳列館09:00に入場券の配布が始まりパスポートを提示して受け取る。09:10になり開館するが辺境の博物館なのに見学者が多い。意外と人気の観光地のようだ。

璦琿歴史陳列館ここ愛輝は旧称を璦琿と呼び、1858年に清朝とロシアの間で結ばれたアイグン条約(璦琿条約)の締結地で、この条約で黒龍江(アムール川)左岸がロシア領になった。

展示内容はロシアのコサック兵の侵略でアムール川左岸を奪われたという内容で中国語、英語、ロシア語で解説されており、人形で当時の光景を再現したりして、かなりの労力と予算を投入している。でも、都合が悪いのか内部は撮影禁止だが観光客は気にせず撮影している。そして、警備員がキレ気味・・・。

璦琿新城遺址昨日の黒河市内の旅俄華僑紀念館の中ロ友好とは真逆でいかにロシアが悪いかを訴えている。まあ、当時は列強の領土拡大が行われておりロシアが侵略というのはわからなくもないが、ロシアの主張は一切ないので中立的な内容ではない。ロシア側の主張も聞いとかないと・・・。まあ、プロパガンダとしては十分な効果が期待できるだろう。

黒龍江(対岸はロシア)09:40頃、陳列館を出て省道311号に出て黒河行きのバスが通るのを待つ。待っていると09:20発の黒河から遜克(逊克)へのバスが通過していった。遜克から黒河行きのバスが10:00に発車しているだろうから、そのうち通るだろう。

12:10頃、遜克→黒河のバスが来たので両手を振るが無視され過ぎ去った。こうなると次は14:00ぐらいのバスだろうか?このまま待っていても意味がないので黒龍江と対岸のロシアを眺めながら時間をつぶす。

携帯電波状況目の前がロシアなのでロシアの携帯の電波も届いている。おそらく黒龍江沿いは中国とロシアの両方の携帯電話が利用可能であろう。

寝過ごす

そして、やらかしてしまった。ついうたた寝してしまい時刻はちょうど14:00だ。やばい!急いで通りへ行くが来たのは黒河からのバスで黒河へ戻るバスは待ってもこない。すでにバスは行ってしまったようだ。

そうすると1時間後のバスに確実に乗車しないといけないので通りに張り付いて待つことにする。すると問題が発生する。自家用車で来る中国人観光客にやたらと「紀念館どこ?」「古城はどう行くの?」と聞かれるのだ。普通は地元民に道は尋ねるべきだが、よそ者が通りに立っているので黒河へ戻るバス待ちの観光客だと分かって道を聞くようだ。

15:05頃、黒河へ戻るバスがやってきた。ようやくバスに乗車して、16:00頃、黒河国際客運站に近くで下車する。運賃は8元だ。黒河国際客運站で明日の嫩江行きのチケットを購入しておく。運賃は61元で10:00発車だ。出発の準備を整えたので近くの食堂で大碗湯麺(6元/約120円)を食べる。

ユースホステルへ戻り老板娘に延泊のお願いをして宿泊費35元を支払う。夕飯は北の辺境にもあったイスラム食堂で蛋炒飯(9元/約180円)を食べる。食後はKFCが入っている華富商場のスーパーマーケット華富量販で缶ビール500ml(2.9元/約58円)を購入するが、ロシアのビールも取り扱っており気になる。

本日の出費
項目 金額 備考
食費 17.9元
宿泊費 35元
バス 61元 黒河→嫩江
バス 8元 愛輝→黒河
合計 151.9元

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA